スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

なぜ天峰山から焼走り?

 完売御礼

 今日も「脚」売り切れだよっ。悪いね、また来てちょうだいね。

 ガラガラッ、ピシャ!









 ということで今日も在庫一掃セール完売売り切れ早じまい、でございます。


 第1部 表天峰

 レッドがゴールドとのヒルクライム&ダウンヒル決戦に備えて表天峰の練習をしたいという。
 ルートラボで見ると表天峰は裏天峰より最大斜度はないもののR455部分は7%の坂がずっと続くので感覚的にいやな感じ。
 メールで呼びかけたら2人増えて4人でアタック。

 登りが始まったところでレッドが飛び出していく。少しだけついて行くものの簡単に振り切られた。

 後ろも少し離れたけど、今度は追いつかれないようにというのがプレッシャーになって脚を緩めることができない。

 蔵王ヒルクライムの時よりも高い、心拍数150オーバーで登っているとなぜか猛スピードで近づいてくる自転車の音。
 
 グリーンにそれだけの速さがないのは何度か一緒に登っているからわかっているので、まさか教授?と思ったら英国紳士Jだった・・・。

 「ひげで感じ変わったね」などとお気楽な話をしながら「あとからyamさんとkobaさんが来る。」
 と言い残してあっという間にパスしていく。

 そうか、あの2人も後ろから来るのか。せめて国道を折れるとこまで追いつかれないようにと思ったがしばらくするとyamさんが追いつく。後ろにつこうとしたらとたんにギアをチェンジしてダンシング。あっという間に差をつける。こうなると追えない。さすがレース巧者。突き放し方がうまい。つづいてkobaさん。少し後ろに付くものの、やはり実力差でじわじわ離される。

 天峰の登り口で3人が休んでいたので一声かけて登り続ける。あの3人はどうやら岩洞、早坂方面に向かうらしい。

 天峰山の頂上付近は霧と山菜採りの車が一杯。
943300_443247282438267_254574114_n.jpg


 この辺がゴールかと思い何度かゴールスプリントをしてみるがすべて空振りで、ようやく車で写真を撮りながら追いかけてきていたイエローとレッドがまつ山頂に着いたときには脚がないのでカメラに向かってスプリントのふりだけ。600292_443247329104929_350548659_n.jpg

レッドはなんと8分も前に到着、ほどなくほかの2人も無事到着。
IMGP0866.jpg
     ヒゲ親父、ケロロ軍曹、教授、ディレクター

 教授はこれが初ヒルクライム。それにしてはかなり速かった。
 お疲れ様でした。

 10591_443247339104928_1314366009_n.jpg

 山を下ってホワイトとの待ち合わせの場所に向かう。

 第2部 焼走り

 どこへ行こうか。滝沢方面はチャグチャグ馬コだし、小岩井は行ったばかり。南のほうは何度も行ってるし。
 じゃ、焼走り方面にしようか。坂が大変なら途中で帰ってもいいし。

 ということで焼走りに向かう。岩手山には雲がかかっているけどまずまずいい天気。
IMGP0871.jpg

 途中滝沢駅前の坂で、ホワイトと並んで走っていながら200mくらい先を行くグリーンにアタックを仕掛けるなど全く意味のないことをして脚を使いながら焼走りの表の登りへ。さすがに今日は誰も裏の激坂を行くとは言いませんでした。
IMGP0876.jpg

IMGP0895.jpg
 空はもう夏雲。

 夏雲、汗、草いきれ。・・・子どもの頃を思い出す・・・。

IMGP0891.jpg

 結局途中で引き返すなんてできるはずもなく焼走りの湯まで。
IMGP0897.jpg
 山ぶどうミックス 250円。酸味がきいててさっぱりさわやかな味。

IMGP0901.jpg
 補給も、はや夏仕様。つめたいとろろそば。

IMGP0904.jpg
 八幡平パノラマラインをさわやかに駆け下る。

 最後に西根の道の駅で会ったローディーが一足早く出発、追いかければ追いつきそうなスピードだったので40km/h弱まであげて追いかける。追い越した後、曲がる予定の交差点でバイバイ。

 また余計なことで脚使いました。

 結局合計133km、獲得標高1700m。

 明日からだが動くのか。きょうはもうビール飲んで寝ますっ。お休みっ。




 #走ってる途中でこんなもの見た。
IMGP0867.jpg
 いい味出してる。緑が丘の八百屋さん。

 #今日のベストショット
IMGP0909.jpg





スポンサーサイト
2013-06-08(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。