スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

告別式


昼前から知人の告別式に出席。年は僕より少し若くて才能と人望にあふれているやつだったのでこんな時期に突然亡くなったことが悔しくて悲しい。

思い出すだけで嗚咽を止めることが出来ない。

近い将来会社のすべてを背負って立つことは自他共に認めていたし、彼とはこれからもいろいろと面白い仕事が出来ると思っていた。

一緒にする最後の仕事だと思って式の間中ビデオを回していた。いつものようにプレビューをして「この画いいね!」といってくれないのが寂しい。

・・・もうこれ以上書けない・・・


いままでありがとう。そしてさようなら角ちゃん。

永遠に・・・


スポンサーサイト
2013-08-07(Wed)
 

梅雨が明けたので自転車シーズン再来

梅雨もやっと開けたので自転車整備。

懸案だった29erのペダル交換をやってみる。

また整備中の写真は撮り忘れました。
IMGP2415.jpg
これまでのキャノンデール純正の両面フラットペダルからシマノの片面SPDに交換。これで力いっぱい踏んだりケーデンスを上げたりしたときにペダルから足を踏み外すこともなくなるでしょう。

普通の靴で乗るときは裏のフラット面で。

そしてもう一つ。

29erは背の低い人間にはハンドルが高すぎるので少しでも低くするためにステムを上下反転させて見ます。
IMGP2412.jpg
これを・・・
IMGP2413.jpg
こう。15度上がっていたステムを下向きにしました。
IMGP2414_1.jpg
ハンドル位置が1cmくらい下がったはず。すこし走りやすくなったかな。
IMGP2417.jpg
これで通勤距離が片道10kmくらい伸びても大丈夫!?

IMGP2418.jpg

あ、泥よけを外したままだった。付けとかないと。


2013-08-06(Tue)
 

鳥海山ヒルクライム

#書き終わったと思った瞬間、飛ぶという事態を2度もくり返しつつ・・・
#なんとか報告できるのか、鳥海山!?
#ということで以下、残っていた下書きを元に3度目のチャレンジ・・・。


未だ梅雨も開けず仕事も忙しい中(仕事を人にまかせ)行ってきました、鳥海山ヒルクライム。

イエローの家でゴールド夫妻と待ち合わせ2台で会場の矢島町まで向かうが、雨は降ってくる、翌日の降水確率は100%、さらにホテルの予約を間違えて男ふたりなのにダブルの部屋と気持ちの沈む事ばかり。車内の話題は明日の雨と寒さ対策の事ばかり。なんともブルーな男ふたりのドライブとなりました。

途中コンビニも休むところもないのでいっきに横手まで。ここまで来たら雨もそれほどじゃなくなっている。
さらに車を走らせると、
IMGP2102.jpg
なんと雲が上がって雪の残る鳥海山が見えてきた。これはちょっと期待できるかも。
IMGP2104.jpg
由利鉄道矢島駅に着くと薄日も差してきた。これなら、と思うけど翌日の降水確率は朝からどの時間帯も100%。今日だけかと思うとこの天気がうらめしい。この晴れ間を明日に残しておいてくれよ!

ここで会場でキャンプするゴールド夫妻と別れて由利本荘市内のホテルへ。

朝に電話で聞いたときは満室で部屋を換えられないと言うことだったけれど、この天気でホテルのキャンセルが出ることに一縷の望みを託してフロントに行くと、
「ダブルのご予約を承ってますが・・・」
「そうなんです間違えちゃって。」
「シングル2つでしたらご用意出来ますが。」
「換えてください!!!」
IMGP2108.jpg

ということで無事シングル2部屋になりました。ラッキー!

それで浮かれて街に出て、飛び込んだ居酒屋で迷うことなく「飲み放題!」
IMGP2119.jpg

大会を翌日に控えたアスリートとしてはあるまじき行為だけど、明日が雨と思えばせめて夜くらい・・・。
もっとも明日が雨じゃなくても飲みますが。(キッパリ)



大会当日、朝からどの時間帯も100%雨の予報だったのに目が覚めてみると降っていない。
これは昨日の我々の捨て身のお天気祭りのおかげに違いない。何しろビールとクエン酸サワー合わせて10杯くらい飲んでいるし・・・。

会場ではゴールドが駐車場を確保して待っていてくれた。感謝。

ゴールドに「酒臭いっす。」といわれながら準備。
IMGP2134.jpg

ここでなんと車体に付けるナンバープレートをホテルに忘れてきたことに気づく。背中のナンバーと計測チップはあるのでまあ何とかなるか。

さすがに1000人を越す自転車乗りが集まると壮観ですね。

IMGP2140.jpg
まずは町内をパレード走行。拍手と声援で見送ってくれるのがうれしい。

IMGP2146.jpg
スタートは夏油の時と同じでチャンピオンクラスのすぐあと、一番前の出発。それでも目の前にはこれくらいの選手が並んでいる。

8:24スタート。26kmと長丁場でしかも後半がきついプロフィールなのであまり最初からがんばらないことにする。

3kmくらいで一緒にいたイエローが下がっていったと思ったら10kmを越したあたりで4分遅れでスタートしたゴールドが鼻息も荒く追い越して行く。後ろから声をかけたけれど、あとから聞いたら声どころか追い越したことも気づかずにがむしゃらに走っていたらしい。さすがゴールド。

そのあともジブニータチームの30台、40台の連中が次々追い越していく。ただ夏油の時と違って追い越されるときに少しついていって言葉を交わす余裕が互いにある。さすがに長丁場だからそんなに心拍数とスピードを上げられないしね。

コースの3分の2近くまで行ったところで、ついにポツポツと降り出して一気に本降りへ。
やっぱりダメでしたね。お天気祭りが足りなかった。思えば居酒屋の帰りにコンビニで買った地酒をほとんど飲まずに寝てしまったのが失敗でした。

雨がひどくなったところでちょうど下りが出てきた。ブレーキの効きが悪いのでスピードを落とし必要以上に慎重に下っているといつのまにかイエローが「ブレーキ効かね~!」と叫びながら勢いよく追い越して行く。

その後ろについてしばらく前になり後ろになりして登る。

後半は斜度も6%を超えてきつくなってくる。走ったことのある連中はみんな「鳥海山は最後がきつい。」と口をそろえるのでそれに備えて余力を残しておかなきゃならないし。

ラスト3kmを切ったあたりでイエローは「きついって言うのはこの辺の事じゃないの?」というがここはまだひと山ありそうな気がする。

などと思っているうちにラスト2kmほどでイエローとの差がじりじり開いてくる。追っているつもりでも差は開くばかり。心がおれそうになった残り1kmで下りが出てきたのでそこでもがいてみるがもしかすると斜度が緩んだだけだったのかな?とりあえずイエローに追いつけたのでそのまま前に出ると残り200mでがつんとパンチのある上り坂が待っていました。

最後というのはこれのことかとダンシングでねばり平坦になった残り100mで目の前にいる数人を抜いたけどそれが順位に影響したかというと、タイムレースでもあるので何ともいえない。(^-^*)
イエローも続いてゴール。ゴールドはすでについているはず。
IMGP2155.jpg

ジフニータのメンバーもほとんどすでにゴール。
IMGP2152.jpg

終わってみれば雨も適度なお湿りで、下りも思っていたほど苦労することもなく無事下まで到着。

IMGP2159.jpg

IMGP2160.jpg

温かな豚汁が待っていました。

食べていたらおばちゃんたちと仲良くなっちゃって「ナイショだよ!」といいながらおかわりをくれたり、「こんなの見つかった」と丸ごとのジャガイモをくれたりでおなかいっぱい。

「また来てね~。」の声に「また来年!」

コースといい地元の人のもてなしといい面白い大会でした。
今度はゴールドのようにキャンプでもして夜のお祭りや花火も見てみようか。



来年は

2013-08-06(Tue)
 
プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。