スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ついにロードシーズン到来。

 3月も終わりだというのに市内まで粉雪が舞い散る寒い一日だった。
 まるで真冬のような・・・。


 昨日30日はえらく長い一日でした。
DSC_0377.jpg
目を覚ましたのが夜中の1時。2時に出発して仕事、夜は歓送迎会に出席、途中で脚がつりそうになるアクシデントもありながら帰って寝たのは10時過ぎ?チャリイエローは31日は9時集合で走ると言ってるのに。
 体調管理どころじゃありませんね。
DSC_0405.jpg

 結局、朝から冷え込んでいるしスタートを遅らせて9:45出発。最後はチャリゴールドのところによることにして、まず坂をちょっと登ってみたいな。

 いつものコースで鬼越峠をゆっくりと登る。楽に登っているせいか気づいたらアウターのまま登っているが特に重いとも思わない。残り2キロを切って少しギアを上げてスピードを出してみる。心拍は上がるけど脚は結構残ってる。ピーク近くでランをしているおばさん(お姉さん?)二人組がいたけどスピード差があるのと息が切れているので声をかけずに追い抜く。

 メープルCCの看板下でイエローを待つとしばらくして二人組も到着。坂を含めて30km近く走るらしい。

DSC_0409.jpg

DSC_0410.jpg


 今度はロードがやってきて手前の角を曲がっていく。あっちに曲がるのは岩大かな、と思ってるともう一人、今度はこっちにやって来る。やっぱりジフニータのメンバー。今日はゆっくりサイクリング、と言ってたはずなのに、やっぱり走り出すとレース並みになるらしい。前の一人はどっちに行きました?と聞いて追いかけていく。
 早いとこコンディションを整えてなんとか後ろを追いかけられるようにしないと。

 それにしても寒いです。この時期なのにみぞれとかじゃなく粉雪が降っています。

 出がけにネックウォーマーをしてきて助かったけど、代わりにシューズカバーを忘れたので足先が冷たい。
 さらに下りになると風が冷たくて体が冷えて筋肉が固くなるのがわかる。顔にパチパチと雪が当たる。

 道ばたにはまだ雪がたっぷり残ってるし。

 DSC_0412.jpg
                   寒さに震えるイエロー

 ブレーキをかけながらゆっくり下る。幸い新しいスイスストップのブレーキパッドは効きもよくスピードコントロールがやりやすい。ついでに言えばコンチネンタルのスプリンターゲータースキンは道路の端に小石がたまっているこの時期にはパンクしなさそうな感じが頼もしいですね。

 下りで冷え切った体でチャリゴールドの会社に何とかたどり着き、ストーブをコーヒーで体を温める。
 ほんとにほっとした~~~。ありがとう、ゴールド。

 距離30kmほどのシーズン初ロード。体は重いものの登りの調子も悪くない。
 早いとこ体を慣らしてアタックをかけてみたい。

 次はどこに登るかな。


 


 
スポンサーサイト
2013-03-31(Sun)
 

空気圧↓とシート高↑と

 29erの振動が手や腰に響くのでタイヤの空気圧を段階的に引き下げてついに2.5気圧まで落としてみた。
 だいぶクッションがよくなった。走りもそう悪くはない。

 かわりにシートを段階的に引きあげてみた。雪道を走っていた頃より5cmくらいアップかな。

P3260070.jpg

 走りやすくなったけど止まった時に足がつかない。

P3260071.jpg

 困ったもんだ。




2013-03-26(Tue)
 

ブレーキシュー交換、シーズンインの準備はできた・・・はず。

 やれやれ、やっと大きな仕事が終わりました。
 2月3月と2か月連続で徹夜ありの仕事はこの年になるときつい。
 
 体を動かす精神的余裕がなくなります。

 先週、先々週と29erで走ってましたけど今週は徹夜あけでまだ疲れが残っているのと事務仕事がたまっていたので実走はなし。懸案だったロードの整備です。

 ほんとは全部ばらしてオーバーホールしたいけどそこまで手を出せないので軽い整備でお茶を濁すことにします。

 まずは先シーズンからの懸案事項、ブレーキシューを交換します。

P3230048.jpg

 先シーズンから用意してたスイスストップのカーボンリム用の新製品、ブラック。
 濡れた時とかいままでのイエローよりよく止まるらしいけど、その分握力も必要との話も。イエローとどっちがいいんでしょう。そのイエローも1セット買ってありますが。

 だいたいブレーキの効きの悪いカーボンリム。スイスストップはほぼ唯一の選択肢ですがその代わり減りが早い。先シーズン途中からだから5000kmくらい走ったシューが

P3230055.jpg

 黄色い方。溝にはゴムのかすが詰まってむしろ山になってます。

P3230050.jpg

 自動車のタイヤならもう乗りたくないな。

すり減った分はリムの方に黄色くこびりついています。あとでアセトン(が主成分のマニキュア除光液)で落としておかないと。

P3230058.jpg

 Tacxのシューチューナーを使って位置やトーインを調整して締め付ければ交換は終わり。
 なぜかシューチューナーが汚れている。これもアセトンで拭いておこう。


 日曜の午後からはチャリイエローも来て3台をワックスシャンプーで洗車。チェーンはパーツクリーナーでの洗浄でごまかす。外して灯油にでもつけて洗えばいいんだけど。ほんとは新しいチェーンも買ってあるので交換してもいいのだけれど、新しいチェーンも処理がすんでないのでまだ取り付けができない。

DSC_0355.jpg


 チェーン交換の時にBBのグリスアップもやりますか。

 チェーンが乾いたところでinotech105を吹き付けておしまい。

DSC_0358.jpg

 チャリイエローのバーテープを白から目の覚めるようなブルーに交換。

 さてとりあえず走れるようにはなったので4月になる前に試走くらいしておかなくちゃね。






2013-03-25(Mon)
 

いつものコースをMTBで下見

 今日も実走。

 だいぶ暖かくなってきました。ここ数日の雨と暖かさでだいぶ雪も消えています。

 土曜日なのでLSD、とまではいかないにしても少し長距離、長時間をと言うことで夏には朝のトレーニングで使っているコースの下見に行ってきました。

 もうロードを引っ張り出している仲間もいるけれど、まだ手入れをしていないのでロードはまだしばらくおあずけ。今日も29erです。

 道路の脇の雪はだいぶ消えました。でもその下から小石が顔を出しています。雪と一緒に降ってきたんでしょうか。チューブラーならパンクが気になるくらいの量です。29erなら関係ないけど。

 4キロ走って鬼越峠の下まで。交差点からはいつもならタイムを取るんだけど今日は心拍計もGPSも付けてないのでお気楽モード、とは言うもののやはり走りだすと心拍数は上がりだし、感覚的には140オーバーくらいかな。

 この峠は平均勾配3.5%、最大勾配4.5%、標高差200メートル程度の普段の練習にちょうどいい峠なんだけど、登っていくとやはり危惧したとおり雪が残っていました。日陰のカーブ、4,5か所ががっちり凍り付いています。スケートができそうなくらい。
DSC_0333.jpg

   もちろん降りて押しました。(^-^*)
 
 ほんの200メートルの標高の差でずいぶん違うものですね。

DSC_0337.jpg

 お気楽ライドのいいところは写真を撮るために止まったりできること。かすんで見えるのがうちのあたりかな。

DSC_0335.jpg

 ヒルクライマーではないけれど鬼越峠ひとつでは物足りないので5%を超す坂を登ってアルペン道路へ。
 しょぼしょぼ雨が降ってきたけどロードほど濡れた路面で滑らないのであまり気にせずサイクリング続行。

 もっともこの辺が最高到達点でしかも最も遠いので自転車に乗り続けるしか選択肢がないんですが。

 いつも思うけどアルペン道路の最後の2、300メートルのところって登ってる感覚がないのになぜかスピードがガクガクと落ちて最後止まりそうになります。
 ルー土ラボで見ると勾配は6%くらいあるんだよねぇ。なんでそんな登りに見えないんだろ。

 "網張まで8キロ"の看板にちらっと心が動くが・・・。
 いやいや次に取っておこう。

DSC_0339.jpg

 雨はだんだん冷たくなってみぞれかと思うほど。
 ここからは割にストレートな下りでロードなら60キロくらいまではでるとこだけど、地面は濡れててしかも凍っている可能性もあるのでブレーキをかけながら35キロくらいに制限して降りる。降る雨も気になるし。

 普段濡れたらブレーキのきかないカーボンリムに乗ってると濡れても効くディスクブレーキには安心します。
 途中道の乾いているあたりでは45キロくらいまででてました。

 先週は普段着そのままで走り出して汗と風で大変な思いをしたので今回は服装もちょっとしっかりと準備。
 上はヒートテックの長袖シャツの上に冬用の厚手の自転車用ジャージ、その上に中綿入りウィンドブレーカー。

 下は厚手のビブタイツにしようかと思ったけど、上は普通の見た目なのに下はぴったり黒タイツのおじさんが現れたら見た人がびっくりするだろうと思い直し、薄手のタイツの上にトレパン。裾がチェーンリングにあたりそうで気になるけどまあ大丈夫。結果的にはウィンドブレーカーとジャージのジッパーで温度調節ができるし、下りでも風が入ってこない。快適でした。

 ところで、この29er、最初は市内走行用に空気圧を高め(4bar)にしていたのだけれど腕や腰にくるショックが半端じゃない。そこで先週から少し下げて3bar程度にしてます。これでだいぶ柔らかくなったけど、やっぱり普段乗ってるカーボンフレーム、カーボンハンドルとはだいぶショックがちがいます。

 小岩井を一気に下って、もう一山。篠木坂峠は裏(西)側から登ると距離は500メートル程度なのに勾配は9%以上。結構いいトレーニングになります。


DSC_0343.jpg


 山はみぞれみたいな雨だったのに降りてきたらいい天気。

DSC_0347R.jpg

 篠木の田村神社。樹齢500年以上の榎と1000年以上の杉。


  走行時間 2:17:58
  走行距離 42.36km
  平均時速 18.4km/h
  最高速度 44.9km/h


 走っている時は何とも思わなかったけど降りたら足に来てる。


2013-03-16(Sat)
 

朝練開始

 昨日は3・11、思うところの多い一日でした・・・。

DSC_0206.jpg
       大槌町の同級生の外科医院のあったところ

 

    

 そんなことで今日は新たな気持ちでトレーニング開始。まずは朝のローラーだ。

 だいぶ暖かくなったとはいえ外気温はたぶんマイナス。室内も冷えているのでとりあえず暖房を入れて、
録り溜めておいてまだ全然見ていないパリ-ニースのビデオをスタート。と思ったらなんじゃこりゃ!?

 なんかの野球が延長戦になってつづいてる。先送りするとパリ-ニースの中継がはじまったのはゴールまであと45キロほどの地点。平地の45キロじゃ残り1時間くらいしかないじゃないか~。もっとも1時間も踏んでいられないんでトレーニング中に見る分には十分なんですが。

 今日も心拍計忘れました。というか車の中のバッグに入ったまま。寒い中取りに行く元気もなし。
 しかもスタート時にメーターをリセットするのも忘れていたので時計を見ながらケーデンスだけを気にして踏んでいく。効率的なトレーニングとはいえないけれど、まあいいか。なんにせよやることが大事。

 途中で暖房は止めたけど30分でかなり汗だく。うっかり拭く前のマットに足を乗せてたまった汗で気持ち悪い思いをしました。よくこれだけ汗をかくもんだ。
 外を走りたいけど寒さ対策と汗対策、両立が大変で出発までに時間がかかりますね。
 何を着て走ったらいいだろう。

DSC_0297.jpg
        去年の4月、アルテと105のミックスコンポにしたクロモリ
        いまはこれがローラー用
2013-03-12(Tue)
 

久々の実走・詳細

 昨日は書きかけでした。飲みに行く時間が迫っていたもので。

 午後からは風はあるものの天気はよくなってきたのでロードは無理でも29erなら走れそうだと思い、久々の実走にでた。一人で走る時によく行く小岩井方面の道路は日陰に雪が残っている可能性があるので、チームの朝練コースを選択。朝練の時ならここは30キロはでてるよな~、とメーターを見ると25キロ、17キロ、15キロ、25キロ。
 あれ、速度は変わっていないはずなのに・・・。どうやらセンサーとマグネットがずれているみたいです。記録をとるためにGPSメーターを持っているのだけれど自転車側にブラケットがないのでポケットの中。スピード表示はあやふや、心拍計もリアルタイムでは見られず、ということになりました。

ルートラボ

 このコース、最初のパートは軽い上り下りがありながらも若干の登り基調。ロードなら一気に登っちゃう短い登りが結構きつい。ログを見ると跨線橋手前の5%の登りでスピードは10キロ前後、心拍数166、かなりハードです。

 米内小学校から上米内交差点までは平均速度12キロ、心拍数150以上。これで次のセクションの7%坂を上れるのか!?
DSC_0306.jpg

クリーンセンター前からは下りなのになぜか全然スピードが上がらない。風のせいか?それとも・・・(口にしたくない)
7%坂はダンシングを入れながら、それでも平均時速10キロ。時々ポケットの中からピッピッとアラートが鳴ってるのは5キロを切って自動ポーズがかかるからか。心拍数は160近くまで上がってました。
 それでも坂を長いともつらいとも思わずに乗り切れたのは冬のトレーニングの成果でしょうか。
DSC_0307.jpg
     藁峠(というらしい。近くのバス停に書いてあった)

 往路最後のセクションではそこそこスピードも出て最後の登りの手前では最高時速41キロ。心拍数がちょうど90%の151bpmになったところでゴール。岩手山がうっすらと見えていたけれど、スマホのカメラでは写りませんでした。DSC_0311.jpg

 ランニング用の中綿入りジャケットを風が入らないように襟元までジッパーをあげていると結構汗がにじんでくる。かといって少しジッパーを下げると風が冷たい。汗が冷えるのもつらい。これは踏み続けるしかないかもしれない。

 復路は上り下りの強烈な、苦手のコース。登りではダンシングを多用。結構長時間ダンシングができるようになった気がする。下りでは最高45キロを記録。

 しかしこんな寒い中、息を切らしてマウンテンでダンシングしながら坂を登るオヤジなんて、他人からはどう見えてるんでしょうねぇ。

 汗をかいたのでブログを書くのもそこそこに入浴のためだけにジムへ。間に合うと思ってゆっくり風呂に入っていたらチャリイエローから電話が。「もう家に着いてるぞ。」落ち着いてたら飲み会のために迎えに来てくれる時間になっていた。

 総時間  2:14:23 走行時間 2:12:01
 走行距離  41.7km 平均走行速度 18.95km/h 最高速度 45.0km/h
 累積標高  +565m/-564m
 運動強度 平均78.04% 最大100%
 心拍数  平均130bpm  最大166bpm
 カロリー 1134kcal

かなり疲れた。ビールがうまい。
2013-03-10(Sun)
 

久々の実走

今日は久々の実走トレーニング。

詳しい事はwebでっ!

きょうは時間がないのであした書きマス・・・。

DSC_0304.jpg
2013-03-09(Sat)
 
プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。