fc2ブログ

ヒルクライム、いやマウンテンクライム

 日曜日だというのに朝練にも出られず、3時起きで焼石岳へ。やれやれ。
 ・・・ってもともと自転車は登山のための体力作りにはじめたものか。

 焼石はちょうど1年ぶり。去年の山開きはまだ花の見頃にはちょっと早かったので今年は山開きに登りたがるカメラマンを制して見頃を待った。

 焼石の主、胆沢山岳会のSさんたちと一緒に6時過ぎに登りはじめる。
 
IMGP0970.jpg
 去年から登山に目覚めたイエローも一緒。
IMGP0971.jpg
 焼石連峰は雲に覆われて見えない。ちょっと気がかり。

IMGP0980.jpg
 残雪は去年の6月初めより少し少ない程度か。
IMGP1003.jpg

 焼石岳は花の山。ここまでの道のりは長いけれどそれほど急な箇所があるわけでもなく登りやすい山です。
 残雪を踏み、沢沿いを登ること2時間半、やっと姥石平のお花畑に出ました。
IMGP1033.jpg
 去年はちょっと時期が早かったのでこんなには咲いていなかった。この花の多さはすごい。
IMGP1135.jpg
 ほんとにいちめんのお花畑。
 焼石の登山者はリピーターが多いらしい。この花に惹かれて繰り返し訪れて、山で出会った人と仲良くなってまた一緒に登ったりして。
 途中で出会った10人ほどのパーティは宮城や関東方面からばらばらに来た人たちでみんなここで顔見知りになって山を楽しんでいるらしい。

 それでは山の花です。
IMGP1045.jpg
 いちめんに咲くハクサンイチゲ。

IMGP1049.jpg
 一輪ごとの色の違いがきれい。可憐なユキワリコザクラ。

IMGP1077.jpg
 ミヤマキンバイ だと思う。

IMGP1104.jpg
 キバナコマノツメ。

IMGP1141.jpg
 ミヤマシオガマ。

IMGP1108.jpg
 シオガマの白花。毎年同じ場所に咲くらしい。言われないとハクサンイチゲの中に埋もれて分からない。

IMGP1128.jpg
 ムシトリスミレ。下に黄緑色に見えている葉っぱが少しねばねばしていて虫を捕らえるらしい。

IMGP1055.jpg
 他にもハクサンチドリなんかもありました。黄色い花ももっといろんな種類があるのかもしれない。

IMGP1092.jpg
 日本中いろいろな山に登ったけれどここのお花畑は指折りだと言ってる人もいました。登るときはつらいなと思うんだけどこの景色を見ちゃうとまた登りたくなるんだよね。
 7月末から8月の花もいいと言うし、紅葉もいいから今年じゅうにあと数回は登る予定。
 そのためにも自転車で体力作りだ!(^▽^)


IMGP1145.jpg
 温度差で雪渓の上に霧が出て幻想的な風景に。


 次の日(つまり今日)脚が痛くなるかと思ったら幸いにも痛くない。でも明日になって痛くなったらどうしよう
 (^-^*)







 

 
 
 

スポンサーサイト



2013-06-17(Mon)
 

仕事もしてるんですよ、自転車だけじゃなく。

 連日いい天気が続いています。

 こういう日は自転車も最高だけど本業の方にももちろん最高なわけで・・・。

 日曜は七時雨トレイルラン大会の取材。
 担当はなんとまぁ七時雨山の登りを選手と併走、そして山頂の撮影。

 カメラもって走りながら(少し)登りましたよ。
 なんとか登れたのはカメラが軽いのと(2kg)日頃自転車で心肺機能を鍛えているおかげかな。
 
 脚にはだいぶきましたけどね。


 終わってからは50kmマラソンに出ているイエローとゴールドの応援に。自転車で行こうと思ったけどスタートが遅くなったのと脚が疲れていたので車で行くことに。
 
 探しやすいのはけんじワールド前のエイドステーションあたりかと思って近くに車を止めふたりの姿を探す。
 歩き出したらいきなり呼ぶ声が。ゴールドが両手を広げ思い切り振っている。40km近く走っているのに余裕あるじゃないの。

 イエローもすぐ来るはずというのでエイドステーション付近で待つ。
 なかなか来ない。

 待つこと5分以上、かなり消耗したイエローがやってきた。脚が前に出ていない。ストレッチしながらなんとかだましだまし前に進んでいる。

 結局ふたりを車で追いかけていったり来たりしながら撮影。ゴールドのゴールシーンは逃してしまったもののふたりの走っているシーンはたっぷり撮影。完走おめでとう。目的完遂。



 さて次の日はもちろん仕事。7時前に家を出て大槌へ。大槌川の源流を撮影する予定なのでいい天気はありがたい。

 一番滝の多い沢は一時間半ほど山を歩かなければならないというのでそこはパス。地元のカメラマンが案内してくれると言うことで幻の滝、高滝を目指す。

 県道から林道に入って8km、山道を川沿いにさかのぼること40分、やっと滝が目の前に出現しました。
 これはすごいや
DSC_0678r.jpg

DSC_0682r.jpg
 古い地図には載っているのにいまの営林署の地図にはないらしい。
 それで幻の滝。

 大槌に出てやっと昼食になったのが2時半、そのあとインタビューを一件、民宿で夕食を食べて2時間半ほど仮眠。11時にはコンブ漁の船に乗せて貰う。
DSC_0693.jpg

 漁が終わって港に帰ったのは5時間後。漁師さんはそれからコンブを煮て、塩で漬けて、箱詰めまで連続13時間の仕事。しかも今日で28日休み無しだとか。

 傍目にはハードで単調な仕事を長時間。疲れてぐったりしているのかと思うと阿部兄弟、ノブくんとも生き生ききびきびと仕事をしている。
 ほんとにこの仕事にやりがいを感じているんだね。

 われわれは船から上がったあと少し撮影して一旦民宿に戻って仮眠、また8時から撮影。

 終了後直接北上に回ってロケハン。

 やっと会社に戻ったのは6時近く。よく動いてたな。

 

 え~、登山の影響で脚が痛いです。

 
 来週は本格登山が2日入ってるけど大丈夫なんでしょうかね。





 

 

2013-06-11(Tue)
 
プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR