fc2ブログ

夜の山で緊急事態発生!

油断大敵

昨日の予告の話は次回に回して昨日のお話・・・。


パワーセンサーも付けた。ガーミンも29erに取り付けられる。
お客さんが遅く来たので帰宅時間が遅くなったけれど鬼越にいってみるか。

会社を出る時点で予兆と言うか予感はあった。
「あ、忘れ物をした。でも会社に鍵をかけちゃったしなくても(すぐには)困らないからまあいいか。」

思えばここで戻っておけばあんな事にはならなかったはず・・・。

前日からの大荒れの天気の余波で風が強い。前回に引き続き鬼越までのアプローチはずっと強い向かい風。
しかもなぜかよく信号に引っかかる。29erにとってゴーストップは最大の鬼門なのに。
最後の信号を超えたところでクロスバイクが一台追い越していく。向かい風なのにけっこうなスピードを出してる。踏み込んで見るけど追いつかない。かなり飛ばしてるな、と思ってメーターを見たらなんと20kmくらいしかでていない。向かい風とはいえ情けないなぁ。まあ本番はこの先の登りだから。

前回よりも強めに踏みながら坂を登り出す。快調なスピードで登っていく。
と、ガーミンに何かアラートが出てそのたび画面が明るくなる。走りながらだと読みにくいのだけれど目をこらしてよく見ると"Hartrate too High"の文字が。
まだそんなに心拍数は上がっていないはず。メーターでもまだ130前後。どうやらアラートの設定が低すぎるみたいだ。あとで直さないとな。

なんて思いながら登っているとライトのワーニングのLEDが黄色く光っているのに気づいた。
そういえば充電をしばらくしていないか。どれくらいのタイミングで充電すればいいかもまだ分からない。
でもまだ持つかな。

風は前回にもまして強いし会社を出る時5度くらいあった気温はがんがん下がって1度を切って氷点下も近い。
途中で引き返そうかと考えたが、20分のMax Average Powerを計るには上まで行かないと時間が足りないはず。
そう思ってとりあえず上までいくことにした。

途中からハートレートのアラートも出なくなっていい具合だと思いながらいつものメープルの看板まで。ライトが危ういのでUターンしてそのまま下ろう。と考えつつメーターを見るとなぜかハートレート、パワー、ケーデンスの表示が止まってる。なぜ!?いつから!?これじゃもしかしてMAPも低くしか出てないかも。

Owleyeのハイラックス30は明るいけれど左右の広がりはもうちょっとあった方がコーナーが攻めやすい。
特に右コーナーの先が見えにくい。もう一つワイドな配光の明るいライトがあればだいぶコーナリングスピードも違うだろう。

そうしてみるとそれほど明るくはないが比較的ワイドなOwleyeの5LEDを忘れてきたのは痛かったな、などと考えながら下っているとライトが突然プツン!

あわてて止まる。まだ下りはじめて2キロほど。家まで8キロくらいもあるというのに・・・。
両側が林で街灯もないのでまっくら。こんなところでライトが切れるとは・・・。

メーターは止まる、ライトは切れる。命に別状ないばかり・・・。

・・・落語に出てくるどどいつのまねをしてもはじまらない。命に別状が無いといってもこのままだと命の保証もないし。

こうなると会社を出る時5LEDを持たずに来てしまった事がほんとに悔やまれる。
おそるおそるスイッチを入れ直してみる。なんとか点灯するようだ。どこでまた切れるか分からないので暗いモードにして慎重に下る。ときどきガーミンの画面が点灯すると視界に入って暗闇が見づらいのでポケットにしまう。

その暗いライトもしばらく走っているとまた消えてしまった。坂を下り終わるまでまだ2キロ位はあるだろう。
幸い雲に反射した明かりで道路はうっすらと見える。車も走っていない。万が一車が来たら止まってやり過ごそう。テールライトだけはついてるし。

坂を下るうちは慎重に道路を見ていけば何とかなりそうだ。でも下ったあとはどうしよう。
他の交通もある中、無灯火で走る事は出来ないでしょ。

そうだ、車のキーに小さなライトがついている。あれを使えばライト代わりになるかな。

と思ったら、ないんですね。これが。

5LEDと一緒に会社のデスクにおいてきたらしい。ライトを取りに戻っていればそれも持ってきてたのに。
ばったり転べば犬の糞、泣きっ面に蜂、ほんとに泣きたくなる。

ローソンの交差点まで下りて、祈るような気持ちでスイッチを入れてみる。入った。
うすぼんやりとだけど明かりがついている。こうなったらついている内にいけるとこまで行かないと。
追い風でもあるしがんがん飛ばす。なんとか県道を曲がるとこまではもってくれ~。


・・・まさかこの自転車を押して帰る羽目になるとはね。

夜走るときはライトのチェックをお忘れ無く。

たぶんこのあと僕のバッグには数種類の小型ライトが入ることでしょう。

まいった。





 



スポンサーサイト



2013-04-09(Tue)
 

自転車通勤

 最近まったくトレーニングネタになりません・・・


 行こうと思って申し込んでいたスキースクールは中止になりました。

 もっともそうじゃなくてもいけなかったかも。

 仕事がなんか泥沼のようになってます。まあいつものことですが。

 今月いっぱいは身動きもとれないなぁ。


 ということで自転車に乗れるわずかな機会を利用しようと思うのだけれど昨日今日の寒さはこたえます。スピードを出すと体は温かくなるけれど指先と、なにより耳が冷たい・・・

 雪道にびびりながら乗っていたけど、乗っているうちに滑ったり流されたりする感覚がおもしろくなってきた。わざわざ路地に入って雪の上を走って見たり。すこし緩んだ雪ならブロックパターンが咬んでくれます。
 滑るのは体幹とバランスのトレーニング!
DSC_0257.jpg
 
 それでチョーシこいてサドルあげてみました。

 ロードに近い高さに戻したので踏みやすい踏みやすい。その代わり止まった時は大変です。足が付きづらくて。

 日が暮れてから自転車で帰宅しました。

 ところが路地に残った雪の上に乗ったらこれが滑る・・・。

 昼の日差しで表面が融けてそれが夜に凍ったようです。道の真ん中はかまぼこ、轍はハーフパイプ、足をつこうとしたら・・・つま先も滑る。とっさに飛び降りました。
 よく転ばなかったもんだ。自転車は半分転んでる。

 帰り着く前に二回自転車から降りて、二カ所足先で蹴って進みました。

 それでも自転車通勤するぞ!

 まずは冷たさ対策だ。
2013-02-21(Thu)
 
プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR