fc2ブログ

今日の一本桜

 だいぶブログもご無沙汰していましたがm(_ _)m久しぶりに再開です。

 今朝(5月2日)の小岩井一本桜です。
IMG_2355.jpg

 この時間は岩手山が曇っていたけど、一本桜は満開です。あすあさってくらいまでかな?
IMG_2349.jpg

 ちなみに4月14日。まだまだ黒くしか見えない。
IMG_1981.jpg

 4月23日。だいぶ赤みが差している。
IMG_2093.jpg

 4月29日。いい感じに咲いてきた。
IMG_2311.jpg

 さてお気づきの事とは思いますが上の写真に3台、自転車が登場しています。白いのは去年のブログにも登場していたクオータカルマ。真っ黒いのはイチローから借りたスペシャライズドのルーベ、黒黄色が新しいトレックのドマーネ6。
こんなやつ。
IMG_2362.jpg

 なんでこんな事になっているかというと、そこには涙無しには語れない、聞けない悲しい物語があるのですがそれは追い追い語ることにして、とりあえず今日は新車のシェイクダウンと行きましょう。

 夜中に降った雨で朝も路面が濡れているという新車にはふさわしくない日だったけど2日前に受け取って昨日は雨で乗れず、もう待てないし朝日が昇ったら路面も乾きはじめてきたので出発することに。
 コースは去年から定番となった鬼越峠~小岩井~一本桜に寄り道してまきば園前を下り最後は気分と調子次第で篠木坂峠を入れるか回避するかという35キロほどのルート。カルマ、ルーベでも同じコースを走っているので自転車の違いが分かりそう。

 IMG_2336.jpg

 新車はこんなマシンです。トレック ドマーネ6。
特徴はこれ。
IMG_2340.jpg

 振動を吸収するISOspeed。

 7時前。まだ路面は濡れているものの乗り出してみる。タイヤの空気圧はいつもよりちょっと高めにしてみた。それでも路面の振動をいい感じにいなしてくれる。振動が伝わってこないというよりがつがつ響かないという感じで荒れた路面がつらくない。楽に走れそうです。といって画期的に速くなるわけでもないんですが。

 峠の登りもちょっと速くなった気がするのは単なる気のせいかな?メンタル的なものもあるだろうけどコーナーを回るときに速度が落ちないような気がする。下りは安定感があるのと荒れた路肩もすっとトレースしてくれる感じで濡れた路面でも安心感があります。

 まきば園からの下りで踏んでみたけどいつもよりスピードがもうひと伸びする感じ。
 ショップの試乗車で試したときうまくかからなかったダンシングも篠木坂峠で試して見たけど大丈夫だった。
 とはいうものの全体としてそれほど速く走っていたわけでもないので評価はまだですね。

 明日は天峰山でチャリレンジャーの連中と試してきます。

 ・・・明後日はジフニータの朝練か・・・






スポンサーサイト



2014-05-02(Fri)
 

夏ももう終わり?

いつの間にか9月、もうすぐ秋ですね~。

8月は結局1日もロードに乗りませんでした。
5月、6月は毎日のように乗って月間走行距離が1000kmを超えてたのに。

8月初旬は連日の雨、中旬は大槌に泊まり込みで走れず。
自転車は車のなかに機材と共に入れて持って歩いていたのに、連日4時5時スタートで乗る暇もなし。

下旬も仕事と雨とで走る機会に恵まれず。
やっと天気もよく仕事もない週末に走れると思ったら風邪をひいて咳が出て寝込んだりとさんざんでした。

そのうえ生活環境がちょっと変わったのも響いてるな。

ということで8月の走行距離は29erで20kmほど走っただけです。
なんて怠惰な生活?だったんだ。

なんか夏を無駄に過ごしたような気がしてちょっと悲しい。

ちなみに8月は体を動かさなかったけれど体重は1kg以上減ってました。生活習慣か?

あ、自転車はいまも車に乗ったままです。いつでもどこでも走れるようにね。
2013-09-04(Wed)
 

告別式


昼前から知人の告別式に出席。年は僕より少し若くて才能と人望にあふれているやつだったのでこんな時期に突然亡くなったことが悔しくて悲しい。

思い出すだけで嗚咽を止めることが出来ない。

近い将来会社のすべてを背負って立つことは自他共に認めていたし、彼とはこれからもいろいろと面白い仕事が出来ると思っていた。

一緒にする最後の仕事だと思って式の間中ビデオを回していた。いつものようにプレビューをして「この画いいね!」といってくれないのが寂しい。

・・・もうこれ以上書けない・・・


いままでありがとう。そしてさようなら角ちゃん。

永遠に・・・


2013-08-07(Wed)
 

レース前併せ馬で追い切り調教

土曜日はパンクで不完全燃焼、さらに母校の野球の応援に行ったらいいところなく大敗でこれまた不完全燃焼。

日曜日、このもやもやを何とかしようとイエロー、ゴールドと三人で走り始めたが山の方は雲が低くてなんだかまた不完全燃焼の予感がする。

それでもとにかく坂を登らないと鳥海山ヒルクライムの練習にならないのでとりあえず網張方面を目指してみましょう。

ゴールドのホームコース、柳沢裏コースは斜度が少し足りないけれど徐々にスピードアップ。一番のピークの手前で例によってゴールドが馬力でスピードアップ。ついて行けず完敗。
IMGP2016.jpg

ここで雲の下になってる網張を目指さずこのまままっすぐ岩手山の登り口、馬返しを目指すことに決めた。

いつもだったら考えただけでうんざりするストレートの激坂に挑戦します。
IMGP2021.jpg
このコース、途中までは緩いのだけれど最後のあたりには12%の看板がでてくるという「壁」。
さすがのゴールドもコンパクトクランクじゃないだけに足が止まりそうになっている。
IMGP2024.jpg

それでもピークが見えてくると雄叫びを上げながらゴールスプリントをするのはほとんど本能かも!?


IMGP2022.jpg

12%の看板を撮るために一度止まったイエローもたんたんと追い上げてくる。鳥海山を目前にして調子は上向きか。

駐車場の入り口でいったん平らになったあと、車止めをすり抜けると最後の激坂が待っている。長さは200mくらいだけど降りて押したくなる。
でもここを登らないと湧き水にはたどり着かない。ほんと、水なんかどうでもいいから引き返そうかと思ったけど・・・やっぱり着いてみると冷たい湧き水は最高でした。
003_20130724184817.jpg

f0114223_13255171.jpg
体型的にも登りは苦手でつらいけど、いつもながらこの達成感は何ともいえずいいね。


下りは下界に向かって落ちていくイメージで。
IMGP2029.jpg

ブレーキなんかかけなくてもいいんだけれど、鳥海山の下りに備えて効きをチェック・・・なんて。
ほんとに油断すると簡単に60km/hを超えてしまうので慎重にブレーキでコントロールしながら下りました。
ここに「命知らず」と「無鉄砲」のダウンヒラ-コンビが来たらどうなるんだろうね。

帰りはお山の湯方面までの上り下りでまたゴールドと競争、さらに小岩井方面までの下りでまた競争、レースに向けて併せ馬の追い切りは終わりました。

後は本番をまつだけだ。


2013-07-27(Sat)
 

天峰山でエスプレッソ

天峰山でエスプレッソ、と言ってもいつもの自転車オヤジどもが山頂でゆっくりとエスプレッソを楽しんだ、なんていうおしゃれ(?)な話じゃないんです。



さて今日は土曜日なので恒例となっている「天峰山友の会」。
ここのとこころ天気が悪かったりレースがあったりで久しぶりの開催。いつものたけのこ食堂に集まったのはレッドとゴールド、ゴールドのお義兄さん、それにイエローとわたしブルー。

このあと小学生の息子のロードレーサーデビューが控えているレッドは早めに帰りたいというので今日は表コース、それも登り口までのR455ヒルクライムと言うことになった。

みんなが動き出さないうちにレッドはさっさとスピードアップ。どうせ追いつかないと思ったものの追いかけてみる。
あとからゴールドも追いかけてきて前に出たのでしばらくタイヤが触りそうなくらいの距離で後ろに付く。

しばらく粘ったけどちぎれてしまって一人で登っているとタイヤから定期的にシューシューという音。パンクだと思い止まってタイヤを見るが空気が抜けてる様子もないし空気圧も下がっていない。イエローもタイヤを触って見てくれるがそれらしい兆候もない。

IMGP1989.jpg


そうこうしているうちにお義兄さんが追い抜いていき、イエローがそれを追いかける。

何とかなりそうなのでとりあえず様子を見ながらイエローを追いかける。

追いついて二人で登っているとお義兄さんの背中が見えてきた。

これでイエローのクライマー心に火が付いたらしくダンシングまでして前を追いかける。追いついてイエローは前に行ってしまったがどうもタイヤに違和感があるので見てみるとかなり空気圧が下がっている。どうりで乗り心地がいいはず。(*^ー゜)
チューブラータイヤなのと穴が小さかったせいで空気の抜けがかなりゆっくりだったようです。

下りがやばそうなのでゴールまで1kmを残してリターン。だんだん下がる空気圧を気にしながら下っていたらレッドが追いついてきた。いざというときはレッドのスペアタイヤを借りることにしてサポートを受けながら慎重に下る。さすがに高速になるとタイヤが腰砕けで怖い。
IMGP1990.jpg

なんとか上米内の交差点まで無事に下る。

IMGP1998.jpg

ここでお義兄さんのポンプを借りて少し空気を足してみる。これであと10kmの帰り道、何とかなるかな。

ところが交差点で止まったら高校野球の応援に行くらしい高校生がバスの中から手を振っている。振り返したら手を振る人数が増えた。
それでちょっとサービス(?)に下り坂を車と同じスピードで走って見せていたら・・・すっかり空気抜け。

これではどうしようもないので、テストをかねて秘密兵器を使ってみる。

それがこれです。
IMGP2001.jpg

これがエフェットマリポーサ(メーカー名)のエスプレッソ(商品名)。瞬間的に穴をふさぎ空気も5気圧ぐらいまで入れるという優れもの。便利そうだと思い去年ショップに無理を言って取り寄せたもののずっと使う機会がなくて、店長からも何度も使ってみましたかと聞かれていたので試して見ることにする。

使い方は簡単。フレンチバルブにチューブをしっかりと差し込んで(差し込みが足りないと泡が吹き出る)頭のボタンの保護部品をとって押すだけ。

空気圧はかなり低いものの走れないくらいではない。本格的に走るにはポンプかCO2ボンベで足してやらないといけないだろうけど、そのままでも下りもほぼ不安なく走れました。

試して見たかったグッズだけれどまさかこんなところで試すことになるとは。
このタイヤ、だいぶすり減っていたので来週のヒルクライムの前には換えるつもりのタイヤでした。

でもこのエスプレッソ、チューブラー派には心強い秘密兵器です。




2013-07-20(Sat)
 
プロフィール

自転車ペンギン

Author:自転車ペンギン
50過ぎて改めて自転車に目覚めさらにはレースにも目覚めました。
おやじ戦隊チャリレンジャーとキッカ・ジフニータ、二つのチームで走ってます。
目指せメタボ解消、レース体型!

最新トラックバック
cyclepenguin
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR